« ねむねむモード | トップページ | 食べ物と認識したもよう^^ »

長寿インコのピー様

私は子ども時代に「ピーちゃん」というセキセイさんを飼ってました。ここ最近、ピーちゃんのことがとても思い出されるので、いちど書きたいと思っていたピーちゃんのことを書こうと思います。(長文になると思われますのでお時間のあるときにでも読んでくださったら嬉しいです☆)

ピーちゃんは私が小学5年の頃、母の友人の家から譲り受けました。
体はパステルイエローで、クチバシはオレンジ色、ほっぺのエプロン(ピョロの場合は群青色の部分)が白、お腹だけ綺麗なエメラルドグリーンでした。(今思えば、なんて言う種類なんだろ?羽には特に模様はついてませんでした。)

Img_1671 私にとっては初めてのペットだったのでとても嬉しかったのを覚えています。
ピーちゃんは推定、生後5-6ヶ月くらいは経っていたと思われます。
手乗りかどうかは特に聞かなかったものの、インコ本を読んで手乗り訓練を試みた結果、「手を差し出すといちおう手に乗る」ということはできるようになりました。

ケージの中に入っていた白い輪っかのブランコと、鏡のオモチャが大好きでした。
放鳥すると、真っ先に母の三面鏡の上へすっ飛んでいって、自分の姿を映してさえずってました。
私の場合は主に頭の上に乗り、兄に対しては肩に乗って、時々兄の鼻の頭をチロチロと舐めてました。(インコって変な習性があるんだな~)と子ども心に感心しました。

ピーちゃんが呼び水(?)になって、その後うちには一時期カナリア2羽、ピーちゃんのおよめさんとしてペット屋さんから迎えた♀のセキセイさん(ピヨコちゃん)、兄が拾ってきたセキセイさん(風切り羽を切られていて、トテトテ道路を歩いていたらしい)など大所帯だった頃もありました。
が、ほどなく次々に亡くなってしまい、最後は長い間、ピーちゃん一羽が暮らしてました。(ペアリングは失敗したようで、ピヨコちゃんと子作りすることはありませんでした)

おっとりしていて、男の子だけど「ピーちゃん」と自分の名前しかしゃべれませんでしたが、私はピーちゃんが大好きでした。
でも、そのうちに、自分が中学、高校と進んで、部活やら勉強やら、ピーちゃんより優先するものが増えてお世話は主に母にまかせてしまい、ピーちゃんにはたまに声をかけたり、遊んだりといった感じになってしまいました。
一緒が嬉しいインコさんなのに、普段ピーちゃんは2階の和室に一羽で日向ぼっこをしていました。たまに家族が2階にあがってくると、トトトト・・・・と止まり木を行ったり来たりして、「遊んで」とアピールしてましたっけ。今思えば寂しい思いをさせてしまいました。

その後進学で私が実家を離れて以来、ピーちゃんとは普段は離ればなれでしたが、ピーちゃんは心の中では家族の一員でした。
私が大学3年生の頃には、ピーちゃんはすでに10才を越えていたと思います。
「長寿インコだね」ということで、祖母の家に遊びに行った時に黒板にピーちゃんの絵を描いたら、祖母は亡くなるまで大切にその絵を消さずにいてくれました。

その頃、たまに会うピーちゃんはかつてのような元気さはなく、ケージ内を飛び移ることはできなくなっていて、クチバシと足でケージ内をはっていました。(ピーちゃんも年を取ったんだなぁ。。。)と思ったのを覚えてます。

「ピーちゃんが亡くなった」と母から電話をもらったのは、私がもう社会人になって数年Img_1669 経ってましたから、ピーちゃんは結局15年くらい生きたことになります。
「ピーちゃんは素直に、淡々と生きてた。えらかったよ。」 最期は餌箱の中で、安らかな顔をして眠るように亡くなっていたそうです。電話口でその様子を聞いていたら、涙が出てきました。その後実家に帰った時に、ピーちゃんを埋葬したという庭の梅の木の根本に十字架をたてて、お墓を作ってあげました。

それから2-3年経ったある日。

私と祖母がたまたま同時に実家に帰ることがあり、帰宅すると、両親が神妙な顔をして
「不思議なことがあったんだよ」と言います。
聞けば、例の梅の木が弱ってきたので、たまたま私たちが帰省する前日に父が思い立って切ったそうです。
すると木の切り株に、鳥が餌をついばんでいるような模様が浮き出ていた、と言うのです。

見せてもらったところ、幹を何本か切った側面のどれにも確かに、金太郎飴のように鳥の姿のような模様が、年輪の上に染み出るように浮かび上がっていました。

「これはピーちゃんなのでは。おばあちゃんやあなたに会いたくて出てきたんじゃないの」

と母に言われて、はじめはちょっとびっくりしたものの、なんだか嬉しくなりました。

切り株は一個もらって来て、今も家の神棚に飾ってあります。

ピーちゃんが、先代ピョロ、今のピョロとの縁もつないでくれたような気がしています。
思えばインコ臭好き(!)も、ピーちゃんから始まったようなものですし。。。

ピーちゃんピーちゃん言ってますが、実は自分の中では列聖して「聖(セント)ピー様」ということになっています

子どものころの私の飼育状況と言えば、ほとんど母任せで反省することばかりです。
ピー様、ごめんなさい。そしてありがとう。
ピー様、どうぞピョロのこと、見守っていてください。

ピー様です↓

Photo_2

ほとんどピー様の写真を撮ってなかったので、今となっては貴重な一枚になってしまいました。
巣箱のドアを開けたり閉めたりして、カタンカタン音をさせるのが好きなこでした。
(白黒なんて、相当昔っぽいですが・・・。単に当時美大生だった兄が、一眼レフで白黒写真を撮るのに凝っててこうなっただけなのです~

Img_6535

長文を最後まで読んでくださりどうもありがとうございました!よろしければピー様にポチッとお願いします→にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

|

« ねむねむモード | トップページ | 食べ物と認識したもよう^^ »

先代インコさんのこと」カテゴリの記事

コメント

エミーゴさん、初めまして!

ミマさんのお部屋で拝見してから、毎日遊びにきていました。 今日の記事は、「不思議なことがあったんだよ」。。のあたりから、全身に鳥肌が立ち、こわくてなかなか読み進めることができませんでした。 でも、おばあちゃんやエミーゴさんに会えて、ピーちゃんも喜んでくれたことでしょうね。 そして今は同じ屋根の下(神棚)で一緒に暮らせて、ピーちゃんも幸せだと思います。

それから、2~3日前の "ねむねむモード" の1枚目のピョロちゃん、とってもきれいですね。 エミーゴさんのお宅では、ピョロちゃんの色に合わせて家具(ソファ)を購入されたのですか? スゴイ!! フフフ。。。

投稿: みどり | 2008年5月18日 (日) 07時37分

エミ~ゴさん・・・これから仕事に行くのに・・私を泣かせてどうするのですか・・
アイメイクがすでにはがれそうです・・・

ピーちゃんの写真とても素敵です。きっととても可愛い子だったのですね。梅の木の切り株の話は、本当にピーちゃんが会いに着てくれたのだと思います。
とても素敵な話をありがとうございます。

私も小学生の頃、実家でカナリアを飼っていました。お世話は祖父がしていました。
その頃はペットヒーターなんて知らないし、冬でも布をかけて家に入れていたくらいだったけど、その子も13年位生きていたと思います。

病院へ連れて行くなんて発想もなかったのか、病気になった時、祖父が薬を作ってあげていました。なんだかかすかな記憶ですが、とんがらしを水に浸して口に飲ませていたような・・・・(かすかな記憶なので)
今思えば、「・・・大丈夫か!?」という行為ですが、止まり木に止まれず弱っていたのに復活した事もありました。
今だったら、絶対病院へつれていきますけどね・・・

ピョロちゃんもぴーちゃんに負けず、元気でいてください。そして、ずっとブログでお姿見せてくださいね。

投稿: むぎぞう | 2008年5月18日 (日) 08時34分

おはようございます
気持ちのよい日曜ですね。
エミ~ゴさんも回復されて何よりです♪

素敵なお話ですね^^なんとも言い表せない、ものすごく偉大なものを感じます・・・。
平均よりも大きく上回る15年もの長い歳月を生きることができたのは、ピーちゃんの元々の身体の強さもあったのでしょうけど、きっと、エミ~ゴさんご実家の環境がピーちゃんにとっても合っていたのでしょうね。本当にすごいです。

一緒に成長してきたエミ~ゴさんとご家族を、切り株に残した姿を通して今でも見守っていてくれている気がします大先輩が傍で見守っていてくれて、ピョロちゃんも心強いですね~

投稿: とい | 2008年5月18日 (日) 10時12分

●みどりさん

初めまして。ご訪問&コメントありがとうございます~☆
そして、今回の長文も最後まで読んでくださって、どうもありがとうございます☆☆
ちょっと怖がらせてしまいましたかね。。。?すみません^^;
でもなにせピーちゃんなので、私には怖く感じられなかったです^^ピーちゃん、存在をアピールしたかったのかなぁ?とも思いました。写真も遺物もほとんど残ってなかったので、木の切り株の件はピーちゃんからのプレゼントのようにも思えました。

ちなみに"ねむねむモード" の時の椅子ですが、偶然色が合っただけなのですよ~。順番的には家にやってきたのは椅子が先で、ピョロが後でした。色が似ている系だからか?ピョロは気に入ったようで、放鳥時によく自分でとまりに行ってるのです♪

よかったらまた遊びに来てくださいね~☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月18日 (日) 15時13分

●むぎぞうさん

こちらこそ、長い話を読んでくださってどうもありがとうございました。
ピーちゃんのこと、ここ最近何度か書こうとしたのですが、なんだかジーンときてしまって書き進められませんでした。やっとアップできました^^

むぎぞうさんもご実家で飼われていたカナリアさん、長生きされたんですね!うちのカナリアさんはほどなく亡くなってしまったと思うので(カナリアって弱いのかなー)なんて思いましたがそうではなかったのですね。。。
ほんとそうです。昔はペットヒーターなんて使わなかったし、(うちなんて冬の毛布も使ってなかったです。。インコさんが寒さに弱いと知らなかったこともありーー;)幸い丈夫だったのか具合が悪くなったこともなくて、病院に行ったこともありませんでした。というか、動物病院で小鳥もみてもらえるなんてことも知りませんでした。よく長生きしてくれたなぁ、と思います。

それにしてもお祖父様、小鳥のお医者さんのようですね!
お手製のとんがらしのお薬(?)で具合の悪いカナリアさんを治してしまうなんて☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月18日 (日) 15時24分

●といさん

ほんと、良い日曜日ですね♪回復期だからと全然運動してなかったので、午前中は近所を散歩してきました~。ちょっと汗ばむほどの陽気でした^^

といさんも、長いのに最後まで読んでくださってどうもありがとうございました。
仰るとおり、ピーちゃんが長生きできたのは、実家の環境が合ったのと、あと確かにピーちゃんが普通のインコさんより丈夫なところがあったと思います。寒さに強く(寒そうに膨らんでたことはあまりなかった気がします)、暑さに弱い(夏場はよく、思いっきりワキワキしてました*^^*)方だったのかも。夏も冬も、寝るときは風呂敷1枚かけられただけで寝てたんです!今思えばエーって感じですけども。ご飯も、近所のスーパーで売ってるセキセイブレンドみたいなものと、お水と菜っ葉とボレー粉だけ。自家製ブレンドシードとかペレットやビタミン水なんてものは与えてないし。。。そう思うと今の飼育環境は過保護すぎる?とも思えてきますが、ピョロはもともと体が弱い子だったので、一概に比較はしないようにしようと思ってます。

いくら長寿だったとはいえ、お別れの時は来るんだよな~と書きながら改めて思いました。ペットを飼うときに避けて通れないことですが。。。せめてすべての動物が、ピーちゃんのように天寿を全うして、安らかに旅立つことができたらいいな、と思いました。

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月18日 (日) 15時41分

ピー様、我々がTでセイシュンを謳歌してる
時に、実家で元気にしてたのね~。それは
知らなかったわ(知るわけないか^^;)。

なんだかとても運命を感じるお話ですね。
きっと偶然ではないことだと思います。
ピーさま、きっと今でもエミ~ゴさんたちの
こと見守ってくれてますよ

今の飼育環境は本当に整ってますね!!
ダンナの実家でうちのさくらの話をすると
過保護すぎると鼻でせせら笑われますよ;;
それだけ我々人間に余裕がでてきてるのか、
それとも・・・。

さくらから追伸です^^
「さくらもピー様目指すピヨ~

投稿: なおすけ | 2008年5月18日 (日) 19時23分

本日2回目のお邪魔です☆
1回目読ませて頂いた時、涙がポロポロと溢れ出てきました

私も、大好きなインコを昨年に亡くしましたので、重なるものがありまして・・・。
お兄さんが撮られた写真のピーちゃん、なんだかニッコリ微笑んでるように見えます。
梅切り株のお話、ピーちゃんは「僕はいつもみんなのそばにいるよ」と言いたったんだろうな・・・。
これからもピーちゃんはエミ~ゴさんやピョロちゃん、ご家族の事を必ず見守ってくれていると思いますよ

リンクの件ありがとうございます!
私もさせて頂いてよろしいですか!?

投稿: リコ | 2008年5月18日 (日) 23時30分

おはようございます。あら、夕べコメント入れたつもりが・・・うっかり入れそこないました。

ピーちゃんのお話、胸がキューンとします。エミ~ゴさんのお宅で、ピーちゃん自身がとても幸せだったんですね。
だからこそのすばらしい長寿。

私もいつか昔飼っていたインコの話を書きたいと思っているのですが、これはちょっと悲しい話。私が子どものころというと、本当に大昔で。たった一枚残った写真は、本当の白黒。消えかかっています。

たくさんの思い出と、記念のものと
すてきな写真。ちょっぴり羨ましいデス。

投稿: カロ母ちゃん | 2008年5月19日 (月) 05時13分

ピー様、すごいですね〜!!
15年・・・平均なんか軽く飛び越えてかなりの長寿。
切り株に出てきたピー様・・・
本当に神格化してしまいますね!
神様がそばで見守ってくれてるピョロちゃんはピー様越す勢いで長生きしてね♪
とっても強い子だったのですね、ピー様。
そして愛情ももらってのんびり気ままに暮らしていたのでしょうね〜
白黒の写真、とってもかわいいくっておだやかな顔してて、幸せな暮らしが見てとれます^ ^
額に入れて飾ってもかわいい、いい写真ですね〜!おにいさますてきです!
めざせピー様で、我が家の子達も長生きがんばります!!
素敵な話をありがとうございました!!

投稿: アニー | 2008年5月19日 (月) 12時47分

ピー様の思い出をこうして私もオージロウさんと共有できて豊かな気持ちになりました。ピー様と出会えて感謝ですねそして切り株のお話もなんとも不思議で、感動しました。ピー様の体や魂が大地にかえったのでしょうか。ピー様はいつまでもオージロウファミリーを見守っていることでしょうね。
ピョロちゃんとも一緒に沢山時を共有して過ごしてくださいね~

投稿: よし母 | 2008年5月19日 (月) 20時39分

●なおすけさん

フフフそうなのです。Tでセイシュンしてたときにもピー様は実家で暮らしてました!
話題に出たことなかったかもね、確かに。。(まぁでも、話題に出る場面もなかった気もするので、ピー様お許しくださいませ。)

うんうん、旦那様のご実家と同じく、はじめうちの両親や兄にも、プラケースにいつまでも住んでるピョロに対して過保護なのでは、となかなか理解が得られなかった。。。気がします。飼育環境が当時と全然違うから仕方ないですかね。。。

さくらちゃん、いっぱい長生きして、なおすけさん家で楽しいインコ生を送ってね☆☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月20日 (火) 00時26分

●リコさん

ようこそ☆
リコさん、インコさんをわりと最近お迎えした方なのかな~と思ってましたが、昨年まで飼ってらしたんですね。よかったらいつか、そのインコさんのお話も聞かせて欲しいです。。

ピーちゃん、確かに写真で笑ってるように見えますね。
ううー。リコさんが書いてくださったコメントでまたウルウルしてきてしまいました;;

リンクどうもありがとうございます。今後とも宜しくお願いします☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月20日 (火) 00時41分

●カロ母ちゃんさん

コメントどうもありがとうございます☆☆
ピーちゃんは幸せだったのか?については正直言って自信がありませんし、今でも母とどうだっただろうね、と話すことがあります。。。少しでも楽しく、ピーちゃんなりのインコ生を生きてくれてたとしたらいいのだけど。。。と思っています。

カロ母ちゃんさんも子どもの頃にインコさんを飼っていらして、それに伴う悲しい思い出があるのですね。。もし書くことでそれが少しでも癒されるように感じられる時が来たら、いつかお話聞かせてください。

ちなみに写真は、すでにされてるかもですが早めにスキャンしておくとそれ以上劣化しなくて安心ですよ(私も7年くらい前にスキャンしておきました)

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月20日 (火) 00時49分

●アニーさん

読んでくださって&温かいコメントどうもありがとうございます~。
ピー様のことは、神格化。。。してる部分もありますが、今でもピーちゃんはピーちゃんです☆(と言いつつピー様と呼んでしまう^^;)

ピー様の写真もお褒め頂き、ありがとうございます。今度兄に会ったときに伝えておきます!

アニーさん、飼育環境にとっても気を配っていらっしゃるし、ピノくん&シュシュたんもそれに応えてきっと元気に長生きしてくれると思います☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月20日 (火) 00時58分

●よし母さん

どうもありがとうございます。
そうですね、ピー様は大地にかえったのでしょうね。今でも一緒にいてくれるのかなぁと思ったら、心強く感じられて来ました。

よし母さんやよし母さんのご家族に対しても、きっとヤンさんが!そして昔飼っていらしたという文鳥さん(それとも十姉妹さんだった?)も。見守ってくれてると思います☆

投稿: エミ~ゴ | 2008年5月20日 (火) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねむねむモード | トップページ | 食べ物と認識したもよう^^ »